茨城県民と外国人の国際交流を目的としたフェスティバルなどイベントのご紹介

ホームへ
外国人相談・支援
国際交流協力のイベント・講座
国際理解教育を進めるために
日本語ボランティア情報
国際交流ボランティア情報
活動支援・貸し出し

外国人による日本語スピーチコンテスト

ホーム > 国際交流協力のイベント・講座 > 外国人による日本語スピーチコンテスト

 国際理解を深め、多文化共生を推進することを目的とし、県内在住の外国人の皆さんが、日頃感じていること等を日本語で発表します。
第26回外国人による日本語スピーチコンテスト

 2月12日(日)県民文化センター小ホールにて、第26回外国人による日本語スピーチコンテストを開催しました。
 このコンテストは、県内で生活している外国人の皆さんが日頃考えていることや、日本・茨城の印象母国の話など、県民との相互理解を深めるテ−マを日本語で発表し、異文化交流を促進するものです。当協会設立以来実施しており、今年で26回目を迎えました。
 今年は28名の方から応募があり、選考の結果、イタリア、イラン、インドネシア、シンガポール、スリランカ、タイ、中国、ネパール、ベトナム、ベラルーシ、マレーシアの11カ国、男女15名が出場しました。
 国籍、職業、年齢、在日歴も様々な15名が、日本の生活の中で自らの体験から話すスピーチは、聴衆にも強い印象を与え、国際理解を深める良い機会となりました。
 また、民族衣装を着てスピ−チをした出場者も多く、華やいだ雰囲気で会場を盛り上げました。
 司会は、守谷市国際交流員のルイーザ ハップさん(ドイツ出身)と、茨城県留学生親善大使のダン ヴェト タンさん(ベトナム出身)が務め、お二人の息の合った司会により発表者もリラックスし存分に力を発揮できました。
 審査集計中にはアトラクションも行われ、シリアからの留学生お二人によるシリア民族舞踊「ダブケ」と、水戸鍛錬会様による真剣を用いた関口流抜刀術などの古武道演武が披露されました。
今年も、14の協賛企業・団体から素晴らしい賞品を提供いただきました。また、当協会の事業ボランティアや茨城県世界青少年コミュニケ−ションクラブの皆様29名のご協力によって、運営をスム−ズに終えることができました。

ニア ノヴィタサリ(インドネシア出身)

フ シュイン(シンガポール出身)

ウミ フィトリ ラハユ(インドネシア出身)

 
第25回外国人による日本語スピーチコンテスト

以下のとおり、開催いたしました。
日程:平成28年2月6日(土)
会場:県民文化センター小ホール(水戸市千波町東久保697)
なお、上位入賞者は下記のとおりです。

アヌグラ ビンタン フェビリアネ(インドネシア出身)

ダン トラン タオ ニー(ベトナム出身)

ヌル アフィファ ファジャリナ(インドネシア出身)

 

 
第24回外国人による日本語スピーチコンテスト

以下のとおり、開催いたしました。
日程:平成27年1月31日(土)
会場:県民文化センター小ホール(水戸市千波町東久保697)
なお、上位入賞者は下記のとおりです。

ナーヘド アルメリ(シリア出身)
グー リー(オーストラリア出身)

アスリ マリアニ(インドネシア出身)

  
 
第23回外国人による日本語スピーチコンテスト

以下のとおり、開催いたしました。
日程:平成26年2月1日(土)
会場:県民文化センター小ホール(水戸市千波町東久保697)
なお、上位入賞者は下記のとおりです。

受賞者
タイトル

茨城県知事賞
若人賞

ネランダ アザニア アユ
(インドネシア出身)
日本の気づかれていない美しさ

茨城県議会議長賞
日本語ボランティア賞

金 瑜眞(キム ユジン)
(韓国出身)
発音より大切なもの

茨城県教育長賞

児玉 彬彬(こだまびんびん)
(中国出身)

新たな私の人生(「なんでやねん!!」から「なんだっぺ!!」)

ひばり賞 カン ヌサラット ジャハン
(バングラデシュ出身)
愛すること、褒めること

第22回外国人による日本語スピーチコンテスト

以下のとおり、開催いたしました。
日程:平成25年2月16日(土)
会場:県民文化センター小ホール(水戸市千波町東久保697)
なお、上位入賞者は下記のとおりです。

受賞者
タイトル

茨城県知事賞

セポン セシメ バクミナ(ベナン出身) 子供時代の普遍

茨城県議会議長賞/若人賞

トム ギブ(イギリス出身) 日本で初めて父親になること

茨城県教育長賞

セ−ラ バ−ルジャ(アメリカ出身)

ひとくちからの国際理解

ひばり賞 エリザベ−タ ドルゴシェイナ(ロシア出身) 心の扉を開いて

日本語ボランティア賞

蔡 雨江(さい うこう)(中国出身)

「ワンピ−ス」の国

 

第21回外国人による日本語スピーチコンテスト

以下の通り、開催いたしました。
日程:平成24年2月18日(土)
会場:県民文化センター小ホール(水戸市千波町東久保697)
なお、上位入賞者は、下記のとおりです。 全出場者のスピーチ集は、こちらをご覧ください。

受賞者

タイトル

茨城県知事賞
日本語ボランティア賞

カクショウナン
(中国出身)
親切の力
茨城県議会議長賞 張(チャン) セム
(韓国出身)
「褒め言葉はクジラも躍らせる」ってご存知ですか。

茨城県教育長賞
若人賞

メリッサ メイヤー
(アメリカ出身)

コンビニが語るニッポン
ひばり賞 ジョン フレデリック モ−トン
(イギリス出身)

日本でベジタリアンであること

 

第20回外国人による日本語スピーチコンテスト

 以下のとおり開催いたしました。

日時

平成23年1月29日(土)午後1時から4時30分

会場 県民文化センター 小ホール(水戸市千波町東久保697)

受賞結果は、以下のとおりです。全出場者のスピーチ集は、こちらをご覧ください。

賞名
出場順/受賞者名
出身国
タイトル

茨城県
知事賞

9/冷 明川 (レイ メイセン)

中国 勘違いするな!

茨城県
議会議長賞

15/オラシオ オリベラ ウルグアイ 僕はウルグアイ型人間?日本型人間?

茨城県
教育長賞

5/テラダ シリポーン タイ タイにはない「日本ならでは」
ひばり賞
7/アストリ デウィ ラネスティア サガラ インドネシア わかんねけれども、おもしい茨城べん
特別賞
2/アンドリュ キバディリ シェーファー アメリカ テレビが先生
特別賞
6/具 a徹 (グ ミンチョル) 韓国 日韓WIN-WIN大作戦
特別賞
11/ビクター アルフォンソ グリマルド アメリカ 私の名前はビクター グリマッチョ
特別賞
8/金 承赫 (キン ショウカク) 中国 私に話しかけないで
特別賞
3/マリー クリスティン ロレンズ ドイツ 赤ちゃんに戻ってしまったように
特別賞
14/ハディナタ アグネス インドネシア 茨城高専ロボット部に入部して
特別賞
12/田 小雪 (デン ショウセツ) 中国 日本人の娯楽は何のため?
特別賞
10/エロディ ファー フランス たいへんだけどがんばります
特別賞
13/李 世怜 (イ セリョン) 韓国 心のふるさとを探す
特別賞
4/アルル サバリムトゥ インド インドと日本の教育
特別賞
1/ニラム ベクティ スマルダニ インドネシア 日本とインドネシアはここが違います
若人賞

9/冷 明川

中国 勘違いするな!
日本語
ボランティア賞
15/オラシオ オリベラ ウルグアイ 僕はウルグアイ型人間?日本型人間?
アトラクション

留学生親善大使によるネパール舞踊、水戸雅楽会による雅楽演奏

主催・共催 財団法人茨城県国際交流協会・茨城県
後援 茨城県教育委員会/株式会社茨城新聞社/株式会社茨城放送/国際協力機構筑波国際センター
協賛企業

茨城県市長会・町村会/茨城県信用保証協会/株式会社常陽銀行/株式会社日立製作所電力システム社日立事業所/キヤノン株式会社取手事業所/関彰商事株式会社/日東電気株式会社/日本原子力研究開発機構原子力科学研究所/日本原子力発電株式会社東海事務所/広沢商事株式会社/ぺんてる株式会社/水戸さくらロータリークラブ/リコージャパン株式会社茨城支社

運営協力

茨城県世界青少年コミュニケーションクラブ(WYCCI)/茨城県国際交流協会スピーチコンテストボランティア

 

第19回外国人による日本語スピーチコンテスト
 今年度は、以下のとおり開催されました。

第18回外国人のよる日本語スピーチコンテスト

【日時】 平成22年2月6日(土) 午後1時から4時30分まで
【会場】 県民文化センター小ホール(水戸市千波町東久保697)
受賞結果は以下のとおりです。全出場者のスピーチ集は、こちらをご覧ください。出場者名をクリックするとスピーチ内容がご覧頂けます。
賞名
出場順/受賞者名
出身国
タイトル

茨城県
知事賞

7/朴 世蘭(ぱく せらん)

韓国 「今だけ限定」で無限の幸せ

茨城県
議会議長賞

12/キール・ジェイムス・ハンソン イギリス 外国人でもいいじゃない

茨城県
教育長賞

15/崔 仙花(さい せんか) 中国 違い、その美しさ
ひばり賞
3/ネヴィーン・モヘセン・サミール エジプト 日本人について考えたこと
特別賞
4/劉 友学(りゅう ゆうがく) 中国 私たちの愛で、地球の熱を下げよう
特別賞
9/ミランダ・リン・ブラジル アメリカ・ベルギー 二つの祖国
特別賞
13/徐 艶梅(じょ えんばい) 中国 吉谷おじさん
特別賞
11/赤塚 ダヤナンダニ(あかつか) スリランカ あいさつ
特別賞
14/イファ・ヌルマサリ インドネシア インドネシアの言葉
特別賞
8/パンディ・ヘンプロバ ネパール 私の日本の暮らしの経験
特別賞
2/グールシャン・バヌ・アンサリ インド 二番目の両親、それは先生
特別賞
5/ネケロワ・マリーナ ウクライナ 日本とウクライナのサービス
特別賞
1/リーフィ・リー マレーシア 新しい「私」・発見
特別賞
10/ニュエン・ティ・キン・フォン ベトナム 日本のびっくりすること
特別賞
6/マイケル・アラン・ハイジンガ アメリカ アメリカンドリーム
若人賞

12/キール・ジェイムス・ハンソン

イギリス 外国人でもいいじゃない
日本語
ボランティア賞
15/崔 仙花 中国 違い、その美しさ

 









ページの先頭へ