留学生と茨城県民の皆さんが国際交流し理解を深める場を提供するための親善大使のご紹介

   
ホームへ
外国人相談・支援
国際交流協力のイベント・講座
国際理解教育を進めるために
日本語ボランティア情報
国際交流ボランティア情報
活動支援・貸し出し

ホーム > 国際理解教育を進めるために > 茨城県留学生親善大使

  平成15年度から、県内の留学生の方と県民の皆さんが国際交流し相互理解を深める場を提供することを目的として「留学生親善大使」制度を実施しています。親善大使の方々は、ワールドキャラバン等の事業で県内の学校や国際交流事業等に派遣されます。
平成18年度 茨城県留学生親善大使

  7月1日(土)に、平成29年度茨城県留学生親善大使任命式を行いました。今年度、新たに58名を任命し、以前からの活動者とあわせ、26の国から総勢94名が親善大使として活動することになりました。

  例年、親善大使の皆さんには、県内の小・中学校、高等学校、特別支援学校および生涯学習の場で、母国の文化紹介等を行う「ワールドキャラバン国際理解教育講師等派遣事業」を中心に活躍していただいています。昨年度の実施校からも「文化の違いがわかって大変貴重な体験でした」等の嬉しい感想が寄せられています。国際理解教育、国際交流活動を実施する際には、ぜひお声をかけてください。

  なお、留学生親善大使は当協会ホームページ内の「多文化共生サポーターバンク」に各国事情紹介講師としても登録されております。詳しくは、こちらからご覧ください。

 
クエスト茨城
 留学生親善大使のみなさんを対象に、茨城県内の公共施設や企業等を訪問するバスツアーを実施しています。県内の公共施設や企業等を訪問研修することを通じて、茨城県への理解を深め、愛着を持って留学生活を送ることを目的とし、毎年実施しています。

平成29年度 第1回クエスト茨城

 <本年度のクエスト茨城は、一般財団法人自治体国際化協会の助成事業により実施されています>

今回の夏のクエスト茨城留学生研修は7日8日(日)に実施し、35名の留学生親善大使が参加しました。
今回はひたちなかテクノセンター、アクアワールド茨城県大洗水族館を訪問しました。
ひたちなかテクノセンターでは昨年に続き、県内の企業と留学生の交流会を実施しました。(協力:ひたちなかテクノセンター)留学生からは、「茨城の企業が様々な場所で活躍しているのだと感心した」、「企業がどんな人を求めているか、理想と自分の現実を照らし合わせる必要があると感じた」等の感想がありました。
その後、アクアワールドでは、イルカ・アシカショーを見たり、バックヤードツアーに参加したりしました。バックヤードツアーでは、普段は見ることができない水族館の裏側を見学しました。「イルカショーが素晴らしかった」、「茨城の魚も見られて、茨城のことがもっと好きになった」等の声が挙がり、とても楽しんでいたようでした。
茨城県の企業について理解を深めるとともに、新しい仲間と楽しく過ごす素晴らしい一日となりました。

  

平成28年度 第2回クエスト茨城

 <本年度のクエスト茨城は、一般財団法人自治体国際化協会の助成事業により実施されています>

 10日22日(土)に実施したクエスト茨城留学生研修には、30名の留学生親善大使が参加しました。
今回はひたちなかテクノセンター、国営ひたち海浜公園を訪問しました。
 ひたちなかテクノセンターでは初めての試みとして、県内13の企業と留学生の交流会を実施しました。(協力:ひたちなかテクノセンター)留学生からは、「各企業と話し合ったりすることは普段なかなかないので、勉強になった」、「茨城県にはたくさん魅力のある企業があることがわかったので、これから茨城で就職することを考えてみようと思う」等の感想がありました。
 その後、国営ひたち海浜公園を訪問し、ベストシーズンの真っ赤なコキアを満喫しました。またその際に留学生が撮影した写真は、茨城の魅力としてSNS等で国内外に発信しました。留学生からは、「初めてだったのでとても感動した」、「コキアが美しかった」、「1日あっても遊びきれないと感じたので、今度個人でも来ようと思う」等の感想をいただきました。
 今回は、茨城県の企業について理解を深め、美しい景色も満喫するという、贅沢な一日となりました。

  

平成28年度 第1回クエスト茨城

 <本年度のクエスト茨城は、一般財団法人自治体国際化協会の助成事業により実施されています>

 今回の夏のクエスト茨城留学生研修は6日26日(日)に実施し、30名の留学生親善大使が参加しました。
 今回は営農情報センター(メロン選果場)(鉾田市)、アクアワールド茨城県大洗水族館(大洗町)を訪問しました。
   営農情報センターでは、メロンの選果場を見学し、メロンの試食もさせていただきました。日本のメロンを作る技術や、茨城県の農業について学ぶことができ、留学生からは「メロンを甘くする育て方を初めて知った」「実はメロンは好きではなかったが、今回食べてみて好きになった」等の声が挙がりました。
   アクアワールドでは、イルカ・アシカショーを見たり、バックヤードツアーに参加したりしました。バックヤードツアーでは、普段は見ることができない水族館の裏側を見学しました。「水族館のスタッフは魚の健康のため、餌を作ったり水を浄化したりと家族のように大切にしていると感じた」等の声が挙がり、多様な海の生物と水族館を支える裏方の両方に感動していた様子でした。
   留学生同士もとても仲良くなり、楽しい一日を過ごすことができました。

  

平成27年度 第2回クエスト茨城

  11日15日(日)に実施したクエスト茨城留学生研修には、30名の留学生が参加し、水海道風土記博物館坂野家住宅、一言主神社、アサヒビール茨城工場を訪問しました。
  坂野家住宅では古い日本家屋を見学し、当時の人々の工夫や、生活の様子を学びました。一言主神社では宮司さんに直接建物の説明をしていただきました。当日は七五三だったこともあり、着物に身を包んだ子どもたちと交流することができました。アサヒビール茨城工場ではビールが完成するまでの工程を学び、試飲体験も行いました。
 一日をとおして、日本文化やものづくりの最新技術に触れることができ、多くのことを吸収することができました。

  
平成27年度 第1回クエスト茨城

 今年度の夏のクエスト茨城は7日12日(日)に実施され、29名の留学生親善大使が参加しました。
 今回は大洗町の商店街ツアーやアクアワールド茨城県大洗水族館を見学しました。商店街ツアーでは、大洗観光ボランティアの皆さまにご協力いただき、染工場やカルメ焼き見学をしました。地域のあたたかさや日本の伝統文化に触れることができました。
  アクアワールドではバックヤードツアーに参加し、水槽の上を歩いたり餌の調理場を見学したり、普段みることができない裏側を知ることができました。他の学校の留学生とも仲良くなり、充実した一日を過ごすことができました。

  

平成26年度 第2回クエスト茨城

  12日14日(日)に実施したクエスト茨城留学生研修には、25名の留学生親善大使が参加しました。
今回は筑波ふれあいの里、平沢官衙遺跡、サイバーダインスタジオ(つくば市)を訪問しました。筑波ふれあいの里では、そば打ちを体験しました。そばを作るのは初めての方がほとんどで、中には初めてそばを食べる方もいましたが、みなさん「自分たちで作ったそばはおいしい!」とのことで、楽しく日本の食文化を体験することができました。また、平沢官衙遺跡ではつくばの歴史を感じ、サイバーダインスタジオでは、身体機能を改善・補助・拡張することができる、最新のサイボーグ型ロボットを実際に試着しました。留学生からは「改めて日本の技術力は素晴らしいと思った」等の感想をいただき、日本の科学技術に対する理解を深めることができました。日本の伝統文化と最新技術の両方を感じられる、盛りだくさんの一日となりました。

  
  

平成26年度 第1回クエスト茨城

  7日13日(日)に実施したクエスト茨城留学生研修には、27名の留学生親善大使が参加しました。
  今回は大洗マリンタワー、西福寺、アクアワールド茨城県大洗水族館(大洗町)を訪問しました。西福寺では、写経体験を実施しました。初めて漢字を書いた学生もいましたが、みなさん上手に書くことができました。アクアワールドでは、イルカ・アシカショーを見たり、バックヤードツアーに参加したりしました。バックヤードツアーでは、水槽の上を歩いたり、間近でイルカを見ることができたりと、普段見られない裏側を見ることができました。ツアーを通して海の世界に興味を持った学生も多く、「また来たい」「知らない海の生物をたくさん見て、世界はまだまだ知らないことが多いと感じた」等の声が挙がり、充実した一日を過ごすことができました。

  
 
平成25年度 第2回クエスト茨城
12日8日(日)に実施したクエスト茨城留学生研修には、27名の留学生親善大使が参加しました。
今回はタカノフーズ株式会社、玉里民家園、茨城空港(小美玉市)を訪問しました。タカノフーズでは、納豆工場を見学後、4種類の納豆を試食しました。納豆を初めて食べた留学生もおり、おいしいと好評でした。玉里民家園では、江戸時代の古民家を見学しました。また茨城空港では、空港について学び、飛行機の離陸の様子を間近で見ることができました。 留学生は、小さいながらも設備に工夫した空港の造りに驚いていた様子でした。一日を通して、「たくさんきれいな写真を撮ることができて嬉しかった」、「楽しくて勉強になる良い旅行だった」など、好評をいただきました。バスの中も和気あいあい、暖かい雰囲気の充実した一日になりました。

平成25年度 第1回クエスト茨城
7日14日(日)に実施したクエスト茨城留学生研修には、22名の留学生親善大使が参加しました。
今回はアクアワールド茨城県大洗水族館、大洗磯前神社、株式会社月の井酒造店(大洗町)を訪問しました。大洗磯前神社では、神社の歴史や建物の説明を聞き、実際に手水舎で手を清めるなどの体験をしました。日本の伝統的な作法を熱心に学ぶ姿が印象的でした。アクアワールドでは日頃なかなか見ることのできないバックヤードツアーに参加し、えさの調理場を見学したり珍しいサメの卵に触れたりしました。ツアーを通して海の世界に興味を持った学生も多く、「また来たい」「魚について知識を増やしたい」と意欲的な声が挙がるなど、充実した一日を過ごすことができました。

  
 
平成24年度 第2回クエスト茨城

12月16日(日)、県内留学生を対象に「クエスト茨城留学生研修」を実施し、27名が参加しました。
今回は、北茨城市にある茨城県天心記念五浦美術館、五浦岬公園、六角堂とその周辺、大津港を訪問しました。天心記念五浦美術館で、まず岡倉天心の経歴や業績について学び、その後、五浦ガイドグループの方々に解説をしていただきながら、五浦岬公園や六角堂を見学しました。留学生の皆さんからも「岡倉天心の偉大さを知ることができました。ぜひ天心の映画を観てみたいです。」「六角堂が津波でなくなったのは残念ですが、新しいものも立派できれいだと思いました。」「自然がすごくきれいで感動しました。」などの感想が寄せられました。また最後に、大津港を車窓から見学し、震災からの復興を願いました。
天候に恵まれ、海の青さ、木々の緑、切り立つ岩肌が陽の光で眩しい一日でした。

茨城県天心記念五浦美術館

平成24年度 第1回クエスト茨城
7月8日(日)、県内留学生を対象に「クエスト茨城留学生研修」を実施し、26名が参加しました。
今回は、アクアワールド茨城県大洗水族館、かねふくめんたいパーク(大洗町)、有限会社黒澤醤油店(ひたちなか市)を訪問しました。最初に訪れた黒澤醤油店では、製造工程の説明をしていただきながらの工場見学および試食を堪能しました。100年の歴史を持つ大きな樽に入ったお醤油が、プツプツと発酵する音に興味深く耳を傾けている皆の姿が印象的でした。アクアワールドでは、日頃なかなか見ることのできないバックヤードツアーや、イルカ・アシカショーを満喫しました。太平洋を望む美しい景色に感動した留学生も多かったようです。あっという間の楽しい一日でした。

醤油樽を上から見学 黒澤醤油店にて



ページの先頭へ