留学生と茨城県民の皆さんが国際交流し理解を深める場を提供するための親善大使のご紹介

   
ホームへ
外国人相談・支援
国際交流協力のイベント・講座
国際理解教育を進めるために
日本語ボランティア情報
国際交流ボランティア情報
活動支援・貸し出し

ワールドキャラバン

ホーム > 国際理解教育を進めるために > 国際理解教育講師等派遣事業(ワールドキャラバン)

※令和2年度の募集を開始しました!

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けまして、下記の通り追加対応致します

  〇申込期限を7月17日(金)まで延長いたします
  〇申請団体からご希望があれば、オンラインを用いた実施の調整をいたします
    ・インターネット接続を利用して講師と会場をつなぎ、遠隔での交流を想定します。
    ・インターネット環境およびパソコン等が必要です。
     (当協会では機器の貸与・接続トラブル対応等は行えません。)
    ・希望する場合、申請書(『6.希望する活動内容』)に明記してください。
  〇この他、意義のある交流ができるよう、柔軟に調整できればと思います。

 内容等について、ご相談があればお気軽にお問い合わせください。

 茨城県内には、現在、約68,000人の外国人が在住しています(令和元年6月末現在)。 多様な文化的背景を持った人々がともに協力し合って暮らす「多文化共生社会の実現」に向けて国際理解促進がさらに重要視されるようになりました。

 ワールドキャラバンとは、茨城県留学生親善大使や県内在住の外国人講師を学校や団体の イベントなどに派遣し、母国の紹介をしてもらう国際理解のための派遣事業です。 外国人講師の話を聞きながら、一緒に世界の国をキャラバンし、各国の文化への理解を深めます。

 当初は学校を主に対象としてきた国際理解教育授業のワールドキャラバンでしたが、近年では、生涯学習関連施設や様々な団体等にも積極的に派遣を行っています。 昨年度は、63件の県内各地の学校及び生涯学習関連施設等で、約5,000名の児童・生徒そして一般の方々が、ワールドキャラバンを体験しました。

 ワールドキャラバン隊は、異文化を認める寛容な気持ちを育成し、外国の人々と共生できる社会の実現を目指して 、皆様の元に伺います。多くの方々からのキャラバン隊の派遣の申し込みをお待ちしています。申し込み方法等については、実施要領をご覧ください。

 
令和2年度(2020年度)ワールドキャラバン実施要領・報告書

今年度の実施要領については次のとおりです。
事業実施期間 :2020年9月1日〜2021年2月28日
申請締め切り :2020年6月30日⇒延長しました 2020年7月17日(金)

実施要領詳細につきましては下記にてご覧ください。
報告書は、事業実施終了後2週間以内に提出ください。

【対象】小・中学校(含中等教育学校前期課程)及び特別支援学校小・中学部
要領・報告書
申請書・報告書(書込み可) Word
【対象】高等学校(含中等教育学校後期課程)及び特別支援学校高等部
  要領・報告書
  申請書・報告書(書込み可)
【対象】生涯学習関連施設
  要領・報告書
  申請書・報告書(書込み可)
 過去の派遣実績
令和元年度実施報告書
平成30年度実施報告書
平成29年度実施報告書
平成28年度実施報告書
平成27年度実施報告書
平成26年度実施報告書
平成25年度実施報告書
平成24年度実施報告書
平成23年度実施報告書
平成22年度実施報告書
平成21年度実施報告書
平成20年度実施報告書
平成19年度実施報告書
平成18年度実施報告書
Adobe PDF logo ※PDFをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。こちらから無料でダウンロードできます。







ページの先頭へ